浅草橋散歩7

浅草橋ってどこにあるの?

…ですよね。浅草じゃない、浅草橋ですよ。総武線で新宿方面から来られれば、秋葉原の次です。

昭和7年開業ですから、かれこれ84年ほどになりますか。

まあ、古いといえば、古い駅なのです。

 

バリアフリーとは無縁の駅舎

なんです。割と今でも。

東口から新宿方面行きの電車に乗ろうとすると、まず、階段を上がって改札を通り、階段を降って、線路の下を通り、また上がってやっとホームにたどり着く、という状況。

私、コンピュータと書類をいつもガラガラに入れて行動しているので、これはきついのです。

 

2016年3月にエレベータができました!

で、この春、画期的なことが!

東ではなく、西口なのですが、エレベータができました!工事中からワクワクと見ていましたが、かなり時間がかかったように思います。

オープンした時に早速試してみたんです。

ここからは、私と一緒に乗ってみましょうか。

 

ホームに出現した「エレベータ」

まあ、ちょっとホームが狭くなるかなぁ。

でも、初々しいというか、ピカピカのエレベータです。

さあ、これで一気に改札へ。

img_1714

え、ここ改札じゃないんですが。

エレベータのドアが開いた場所、ここはどこ?

img_1717

慣れないお客さんは一瞬びっくりするようです。妙に新築な空気のここは「連絡通路」と呼ばれます。

上りも下りもエレベータに乗るとここに降ろされます。

img_1720

階下の改札に行くにはもう一回エレベータに乗らなくちゃなりません。

おっと、その前にここには綺麗な多機能トイレが。エレベータのニーズがある人々には嬉しい場所ですよね。

img_1719

img_1718

はい、改札まで降りてきました。

 

2回乗り継いでやっと改札階へ。

私は常日頃からパソコンと書類をガラガラで運んでいるので、エレベータを使う頻度は高いんですね。

エレベータは誰でも使っていい機械ですが、よく見ると事情なさそうな方がお使いのケースもよく見かけます。空いているときは構わないのですが、よくあるのが、そのような方々がいるおかげではじき出されてしまっている車椅子やベビーカーの方。

正義感の強い私にはちょっと「!?」と思うシーンです。私だって、この荷物がなければまず、エレベータは使わないですよ。

 

二層式エレベータは

ニーズのある人にサービスを提供する賢い方法かも

そういう意味で眺めてみると、このエレベータは乗り降りが重なって結構面倒臭い機械になっているなぁ、と思うのです。そのために、一般のお客様はまず、使わない。

階段を上るのには困難が伴う方々のために、優先的にエレベータが使われているのは嬉しいことだと思います。

前の記事

CSVと社会貢献